薬剤師に向いていない?6年制大学の学費を返して欲しい!理想と現実の違い
6年の大学生活を終えて薬剤師になって感じたことは、「私は薬剤師に向いていないのでは?」ということです。
大学に高額な学費を支払って薬剤師の資格を取得したものの、想像していた仕事内容ではなく、また給料が低いのがストレスに感じています。

奨学金を利用して学費を払っているので、その学費に見合った給与をもらえると思っていましたが・・・
また、毎日、誰からも感謝されることなく機械のように働き続けています。
ただ、私はロボットではありません。患者さんと向き合って治療方針を決めるなどの行為を行いたいのですが、それは「医療行為」になりできません。

 

そのため、薬剤師は薬の専門家でありながら処方箋どおりの薬を出すだけで、患者さんとコミュニケーションを図ることは非常に難しいと感じています。
そんな薬剤師の不満や実態をご紹介させていただきます。

 

なぜ、薬剤師が辛いと感じるのか?

なぜ、薬剤師が辛いと感じるのか?

なぜ、薬剤師が辛いと感じるのか?

資格を使って仕事をする仕事の一つである「薬剤師」は6年間の大学生活で物理・化学・生物、衛生、薬理、薬剤、法規倫理、実務(実習や研究もあります)を学びます。
その後、薬剤師国家試験に合格しなければなることができない仕事です。

 

勉強量は単純計算で大学4年間に加えて2年分の量が求められ、学費も私立大学の場合だと一般の学部より多くかかります。
これらの高いハードルを越えて(もちろん両親の援助があってのことですが)晴れて薬剤師になり待ち受けているものは6年間に見合わない仕事内容と給料です。

 

薬剤師の仕事に6年制は必要ない

薬剤師養成学校として6年制にした目的が臨床能力を持った薬剤師を作ることでした。
例えば、患者さんの気持ちを汲み取り、患者さんの様々な痛みを取り除いてあげられるようなコミュニケーション能力を身に着けることが挙げられます。

 

確かに、その能力はこれから機械化されていく時代の流れに対して必要なことなのかもしれません。
しかし、そのような人間力は「現場で十分学べるものである」と働いていて感じます。
現に、未だに仕事場には大学4年制時代の先輩が多く働いています。

 

6年制教育を受けていないからといって苦にしているわけでもなく、6年制出の私と大きな違いがあるとは感じられません。
さらに、6年制になったことで社会的地位が高くなり医療従事者のなかで優位に立っているかというと・・・そういうわけではありません。

 

医療行為ができない職域(医薬品の供給が主な仕事なのでしょうがないのですが)としてバカにされることも多くあります。
そのことが薬剤師をやっていて辛いなと感じる部分になります。

 

薬剤師の給料は低い

大学6年制なので単純計算で考えると給料も1.5倍に増えるのかというとそういうわけではなく、4年制と6年制で目に見えるほどの変化はほとんどありません。
ちなみに、約半数の薬学生は奨学金を借りて大学に通っており、私立大学で6年間すべてを奨学金で賄うことになると、その額は2,000万円を超えると言われています。

 

学費で1,200万円・生活費と教科書代その他含めて800万円になります。奨学金を借りて薬剤師になった人にとって給与が高いことは重要なことになります。
そのような状況にある人が4年制と待遇の差がない就職を余儀なくされてしまうということは辛いことであると思います。

 

薬剤師を辞めたくなる理由

薬剤師は縁の下の力持ち

薬剤師の仕事は一般的に華やかな仕事ではなく裏方仕事です。例えば、処方箋の内容をチェックして重大事故を未然に防ぐことが挙げられます。
実際、薬剤師が調剤室で何をしているのかを正確に理解している人は少なく、そのため患者さんが仕事の辛さを理解してくれたり感謝してくれたりすることが少ないです。

 

そういった側面があることから理想をもって就職している多くの薬剤師は幻滅して辞めたいと感じてしまうのだと思います。

 

薬剤師は医薬品供給の専門家である

薬剤師は「医療従事者の一員である」と学校で4年ないしは6年間も学ぶため、現場で働き始めると医療行為を一切できないことに対する不満から辞めたいと考える人も多くいます。

 

ちなみに私も勘違いしていた一人でして、薬の専門家である薬剤師がなぜ処方箋の薬を薬剤師が決めてはいけないのかと不満に感じていました。
また、患者さんに触れてバイタルチェックをし、必要に応じて薬を使うことができないもどかしさを感じることもありました。

 

しかし、薬剤師の任務は調剤・医薬品供給・その他薬事衛生であり、医療行為をすることではないことに30歳を迎える今になってやっと気づきました。
現在は、そのことを踏まえて働いているので気持ちがすっきりしていて、辞めたいと感じることがなくなりました。

 

薬剤師に向いている人の特徴

薬剤師に向いている人・向いていない人の特徴

 

・単純作業が苦にならない人

・安定志向でリスクのあることをしたくない人

・女性であること

・単純に薬が好き

 

単純作業が苦にならない人

薬剤師の仕事は大きな流れとして「処方箋監査→→薬のピッキング・散剤・水剤・軟膏の調剤→調剤監査→服薬指導」があります。
この作業を大きく逸脱することはなくクリエイティブな仕事でもないので慣れると物足りなさを感じやすいです。この作業が苦にならない人であれば向いていると考えました。

 

安定志向でリスクのあることをしたくない人

薬剤師は高給取りではありませんが資格を持って働ける仕事です。需要が多く、やめてもすぐに別の職場で働くことができます。
また、医療という社会に求められている仕事のため、供給過多になることも少ない職域になります。

そのため、安定性が高く将来のリスクも少ないと感じて仕事をしている人が多いです。薬剤師は現実主義な人が多いと思います。

 

女性であること

退職後、再就職が簡単で時給が下がることが少ないのが薬剤師の特徴です。一定の給料で働くことができる理由で、多くの女性は資格を取りに大学に通っていていました。
結婚後の事も考えると理にかなっていると感じました。

 

単純に薬が好き

資格業全般にいえますが資格を使って働く以上は一生勉強になります。薬剤師でいえば薬を学び続ける必要があり、薬が好きでなければ続かないと思います。

 

薬剤師に向いていない人の特徴

 

・治療方針を立てたいと感じる人(責任感が必要以上に強い人)

・リスクがあってでも何かを成し遂げたいと考えている人

・薬の勉強が嫌いな人

 

治療方針を立てたいと感じる人(責任感が必要以上に強い人)

前述したように、薬剤師は裏方仕事であり表作業の治療方針を決定することはできません。自分が何かを変えたいと強く思う人ほど薬剤師にはあまり向いていないように思います。

 

リスクがあってでも何かを成し遂げたいと考えている人

野心家な人は単純作業に嫌気がさしてやりたくないと感じるようです。何か理由があって薬剤師を続ける必要がある人は経営側に回って薬剤師業と掛け持ちをしている人が多くいると感じています。

 

薬の勉強が嫌いな人

就職してからも薬の勉強は続きます。大学で学んだことは過去の知識なので、最新の知識を常に吸収していかなければいけません。
これは薬剤師に限ったことではありませんが、勉強が嫌いな方はどの職業にも向いていません。また、無理に勉強しても知識が吸収されません。
そのため、薬のことを学び続けることが嫌な人は、薬剤師には向いていません。

 

薬剤師が現場に求めるものとは?

薬剤師が現場に求めるものとは?
私も含めて薬剤師の多くは安定性を求めて、社会的地位の向上と給料アップを期待しています。
また、患者さんから感謝されたいと感じます。1人1人の患者さんとコミュニケーションをとることで、患者さんの情報収集を行っていける職場が理想です。

 

薬剤師は健康や生命に関わってくる仕事です。そのため、患者さんの状態を知り、院内で共有することが患者さんにとっての最善のサービスだと考えています。
忙しすぎて1人1人の患者さんと向き合えない職場では、正確性に欠ける場合があり、大きなミスに繋がるケースも考えられます。

 

薬剤師がおすすめする転職先とは?

薬剤師がおすすめする転職先とは?

私自身のキャリアをご紹介

私は29歳にして3回転職しています。雇用形態と職種は順に、
「中小調剤薬局(正社員)→中小漢方専門薬局(正社員)→大手ドラッグストア(エキスパート社員・パート)→中小調剤薬局(正社員)」になります。

 

3回の転職が薬剤師という世界を知るきっかけになった

色々と転職してきて分かったことは、中小企業はギリギリの人員で回しているため人手不足になりやすく、誰かが病気になると途端にブラック企業のようになる恐れがあるということです。
そのため「大手企業の転勤なし正社員」に応募し、転職することをおすすめします。

 

薬剤師が転職を成功させるために必要なこととは?

自己分析は会社を知る第一歩

転職を成功させる秘訣は自己分析がしっかりできているか、その会社で何ができるのかを明確にしておくことです。
自己分析もできていないなかで、希望する会社が適職がどうかの判断がつくはずがありません。また、自分が会社に対して何ができるのかがわかっていないと長続きしません。
「希望する転職先が自分の力を発揮できる職場かどうか?」面接時にしっかりと質問することが重要になってきます。

 

給料は身の丈に合ったもので妥協する

給料は自分の力量にあった額を考えることです。あまりに高額な求人は大きな責任と力量を求められます。
その結果、自分の能力のなさに苦しんで短期退職してしまうと、また、転職活動に労力を使わなければなりません。

 

また、転職活動中は無収入になり、金銭的にも苦しくなります。
働く目的が「お金を得るためだけ」で考えると心身ともに疲労するので、「給料が自分自身に妥当な金額なのか?」を見極め、妥協する勇気が必要になってきます。

 

人間関係を知るには企業のデータを参考にする

人間関係が良い職場を転職先に求めることは大切なことです。ただ、人間関係は入社して働いてみないと分かりません。
面接のときに質問する内容として「離職率がどれくらいなのか?」を確認できれば、人間関係が良好なのか?を把握することができます。

 

また、給料が比較的高い会社には「良い人材がそろっているのか?ブラック企業?」の二通りが多いように感じます。
高い給料をもらってるブラック企業だと離職率が低下します。また、良い人材が多く、働きやすい職場環境であれば離職率は低いと考えられます。

 

また、勤続年数のデータを参考にさせてもらうのも一つの手です。
長く働いている社員が多ければ、社員の満足度も高いと考えても大丈夫かと考えます。
長期雇用を考えて転職するのであれば、「勤続年数割合」を面接官に確認することが転職を成功させることにつながります。

 

ぜひ、薬剤師として成功している方が1人でも多く増えることを期待したいです!

おすすめの記事