仕事をしているとパソコンを長時間見ることが多くなります。
そして、帰宅するとスマホを触ってしまう。。。
そんな日々を繰り返していると、目を酷使し、気づいたときには眼精疲労になっていることがあります。

 

眼精疲労については、下記の記事をご覧ください

 

「眼精疲労のせいか?」

「若い頃に目を酷使したせいか?」

「年齢のせいか?」

原因は分かりませんが、40歳を超えてから、目のピントが合わなくなってきました。
そんな症状を解消する手段としてサプリメントがあります。

ただ、

「色んなサプリメントがあるので、どれを使ったらよいの?」
「飲んでみたものの、効果が分かりにくい」

と感じることがあると思います。

また、成分が色々入っているため、値段が高く、効果が感じられたものもありましたが・・・
毎月のことなので、値段が高いサプリメントは長続きしません。

私は20年以上事務職をしており、1日8時間以上パソコンを操作し続けています。
そんな私が色んなサプリメントを試してきた結果、効果があった2つのサプリメントをご紹介します。

 

1目のピントが合いずらい方におすすめの【えんきん】


コストパフォーマンスでは圧倒的にNo.1ですね。

ファンケルのえんきんといえば、目のピントが合いずらい方向けの定番品「えんきん」です。

『1日中、スマホが手放せない・・・』
『パソコン仕事で目を酷使している』
『近くのものを見るとき、ピントが合いにくい。』
『目の使いすぎで、肩・首が張る』

こんなことが思い当たる方に是非試していただきたいサプリメントです!
また、消費者庁が公開した機能性表示食品の1つなので安心感があります。

 

機能性表示食品とは?

●機能性を表示することができる食品は、これまで国が個別に許可した特定保健用食品(トクホ)と国の規格基準に適合した栄養機能食品に限られていました。
●そこで、機能性を分かりやすく表示した商品の選択肢を増やし、消費者の皆さんがそうした商品の正しい情報を得て選択できるよう、平成27年4月に、新しく「機能性表示食品」制度がはじまりました。

●「おなかの調子を整えます」「脂肪の吸収をおだやかにします」など、特定の保健の目的が期待できる(健康の維持及び増進に役立つ)という食品の機能性を表示することができる食品です。
●安全性の確保を前提とし、科学的根拠に基づいた機能性が、事業者の責任において表示されるものです。
●消費者の皆さんが誤認することなく商品を選択することができるよう、適正な表示などによる情報提供が行われます。

 

名前(えんきん)の通り、「ぼやけを感じる・目のピントが合わない(合いづらい)」方におすすめできるサプリメントです。
ドライアイや目の奥が痛いなどの症状には効果がないように感じました。

【えんきん】の口コミは?本当に効果があるの?

新聞などの細かな字がぼやけ始め、知人からのすすめで飲み始めました。
改善というまではいかないようですが、一定のところでぼやけは良くなったようです。
早めの用心が大切と実感しました。
40代 男性

最近、特に夜になるとぼやけたり違和感が出てきていたたまれない時に、前に使用したことのある「えんきん」を思い出して直ぐに購入をしました。
今のところは調子が良いと思います。
このままより良くなれば最高です!
40代 男性

歳をとると、夕方になると文字が読みづらくなります。
そんな時はぜひ《えんきん》を!!試してみる価値、大きいです。
50代 女性

えんきんを飲みだして、その実感に、びっくりしてます。
これからも続けていこうと思っています。
60代 男性

細かい文字が見えづらいなと感じていた時広告で"えんきん"を知りました。
まだ飲んで数ヶ月ですが以前より手元の文字が読みやすくなったように感じます。
『継続は力なり』なのでこれからも続けていきたいと思います。
50代 女性

パソコンやデスクワークなど目の違和感がでていました。
若い時から、ブルーベリーは飲んでいましたが、年も重ねてきたので、切り替えましたら、すごく良いです。
夕方にくる目の違和感もなくなりました。
40代 女性

早いと30代から始まる"ピント調節機能"私の周りにも結構います。
幸い私は60代になっても全く心配なく、事務の仕事も新聞や読書にも困ることなく過ごしています。
これもえんきんを摂っているサプリ効果かもしれません!
60代 女性

サプリメントは気休めと思ってますが、このえんきんは違ってました。
ピントが合うようになり、非常に満足しております。
50代 男性

えんきんの効果を実感!しばらく中断していたら、目のぼやけ方が気になり、えんきんを再開。
見え方が違う!飲み続けていた時はわからなかったけど、実感ありです!
40代 女性

 

サプリメントは効果が実感できないものが多いのですが、えんきんは効果を実感できている方が多くいますね。
多くの口コミは40代以上が大半でした。
これは、手元が見えづらくなる年齢が40代頃から始まるからだと考えられます。

 

【えんきん】のまとめ

こういったサプリメントのお試し期間は2週間が多いのですが、ファンケルは期間限定で2週間分×2袋の4週間分が1,000円で購入できます。
ピントが合いにくいと感じている方は、定番品からお試しされてはいかがでしょうか?

check!【ファンケル】通販限定!4週間分でお試し1,000円!

 

2目の乾きや目の痛みに最適なサプリメント【めなり】


もう1つおすすめしたいサプリメントが2016年に数ある優秀品質品評機関モンドセレクションの最高金賞を受賞した「めなり」です。

『目の乾きが増えた』
『長時間のパソコン作業がつらい』
『近くがぼやける』
『夜の車の運転が不安』
『しっかりと寝ても目の奥のほうが重い』

こんなことが思い当たる方に是非試していただきたいサプリメントです!

ブルーベリーが目に良いって聞いたことがあると思います。
めなりは、普通のブルーベリーに比べて、アントシアニンが6倍含まれてます。
そのため、ブルーベリーに比べて、効果の持続力が2倍あります。

業界トップクラスのビルベリーエキスが含まれている量が、めなりの最大の特徴です。

 

めなりの口コミは?本当に効果があるの?

この価格でこの量は買!

ビルベリーのみだったりルテインだけが入っているサプリはあったのですが、一緒にとれるサプリメントはなかったので、別々にのんでいました。この価格でこの量を同時にとれるサプリはほかにはないと思います。
福岡県住在 男性 62歳
飲みやすくて、続けやすい!

4月からパソコンを使う仕事を始めてから視力の低下やコンタクト使用時の目のゴロゴロ感、痛みなどを感じるようになりました。とても期待しています。
小粒で苦味などもなくとても飲みやすいです。
高知県住在 女性 29歳
ピントが合いやすくなりました。

読書や携帯を扱うときにメガネを付けたり外したりととてもめんどくさく飲み始めました。
前に比べてメガネをかける頻度が減ったような気がします。
飲みやすいし安心できるから、毎日続けていきたいです。
大阪府在住 男性 45歳
こんなサプリを待っていました!

まえまえから、ブルーベリーサプリは飲んでいました。
いまいち実感できず満足のいくものではありませんでしたが「めなり」は素晴らしいサプリです。
内容量も素晴らしく、クリアな感じをすぐ実感できました。
東京都在住 女性 62歳
Βカロテンやミネラルも同時に取れてうれしい!

アントシアニンやルテインだけじゃなくて、ビタミンやミネラルも簡単に摂れるから嬉しいです。
東京都在住 女性 34歳
一番続けたいサプリです!

飲み始めて1ヶ月、昼間に1粒、夜に1粒を飲んでいますが、朝起きた時の視界がクリアなかんじがして、 とても気分がよいです。これからも続けていきたいです。
大阪府在住 女性 41歳
毎日のんでいます

毎日飲んでいます。
毎日の心がけ感想など 2錠ずつ飲んでいてもう終わってしまった。
次にくるのが待ち遠しいです。
神奈川県在住 女性 45歳

 

めなりは20代から60代と幅広い年齢層で使われていますが、30代以上の利用者が多いように感じました。
これは、パソコンやスマホを多く利用する年齢層からの支持もあるからです。
年齢によるものだけではなく、毎日、目を酷使してい方におすすめできるサプリメントですね。

 

めなりのまとめ

日常生活のなかで、パソコンやスマホは避けて通れません。
めなりはアントニシアン以外にもルティン・ゼアキサンチンの含有量が他社と比較しても多く、ハイスペックなサプリメントです。

ルティン・ゼアキサンチンって?
緑黄色野菜に多く含まれている「ルティン・ゼアキサンチン」は、天然のサングラスともいわれ、
紫外線などのダメージから守る予防にも大切な成分です。

 

目の乾き(ドライアイ)からくる、目の奥の痛みや、目の奥が痛いと感じる方は一度お試ししてはいかがでしょうか?

初回907円(1日あたり33円)で1ヶ月試してみて、全く効果が感じられなければ、やめたほうが良いと思います。
身体に合わない方もいますので、無理に続ける必要はありません。
少しでも効果が感じられれば、めなりを続けることで、目のケアにつながります。

公式サイト目の痛みにお悩みの方に最適な「めなり」

 

「えんきん」と「めなり」を試した結果


私が目の違和感を感じ始めたのは40代になった頃で、その症状は近くの文字に目のピントが合わない悩みでした。
目薬で処置していましたが、その場しのぎで改善が見込めず、サプリメントに変更しようと思いました。

色々なサプリメインを試した結果、最終的に「えんきん」に落ち着きました。
どのサプリメントでも共通して言えることですが、2ヶ月以上同じサプリメントを続けることはありませんでした。

「めなり」も効果はありました。
「目の奥が痛い」などの症状があれば、「めなり」を使い続けていたと思います。
ただ、私は「スマホの画面をはっきり見たい」という目的のため、その成分に特化したえんきんを使っています。

本来、サプリメントとは何ヶ月が使い続けて効果がでるものかもしれませんが・・・
私は、1ヶ月使ってみて「効果がない!」と感じれば、別のサプリメントに切り替えていました。

そんな私が1ヶ月で効果を感じたのが「えんきん」でした。
目のピントが合いづらい方にはおすすめできるサプリメントです。

 

私が30代の頃、社内の50代社員が近くのものを見るとき、メガネをずらしている光景を見ていましたが・・・
自分にも同じ症状が出ると「私も年をとったんだな・・・」と痛感しました。

毎日続けることができる金額なので、私にはかかせないサプリメントです。
年齢や症状によって、自分にあったサプリメントを見つけることができれば、日常生活のストレスから解消されます。
ぜひ、皆様もご自身にあったサプリメントを見つけてください!

おすすめの記事