現場監督がきついので辛い!なぜ激務でブラックな働き方が解消されない?
現場監督は、「仕事の成果が建物として形に残る魅力的な仕事だ!」そう感じて、現場監督になったという方は多いのではないでしょうか。

 

しかし、実際、現場監督として働きだしたあなたは、図面通りに施工されていない。工程通りに施工が進まない。職人が集まらない。早出、残業ばかりで自分の時間が全く取れない。職人、設計者、施主の板挟みになって話がまとまらない。

 

などなど、多くの問題、悩みを抱えているのではないでしょうか。

 

日々の業務の中で悩み、疲れて、自分は現場監督が向いていないのではないか、辞めてしまいたい。と考えている方もいらっしゃるかと思います。

 

私自身、現場監督として働いた経験を通して感じたこと、考えたことをお話ししたいと思います。今、現場監督を続けるかどうか悩んでいるあなたの少しでも参考になれば幸いです。

 

まずは、適正チェックであなたの強みを調べてみませんか?

 

もし、今の仕事が不満ならミイダスの適正チェック(コンピテンシー診断)で確かめてください。
仕事を辞めたい・・・と思ったときには、まず現状を把握することが大切ですからね。このツールで今のうちに自分の強みを把握しておきましょう!

 

(以下のような診断結果を無料で作成してくれます)

 

ミイダスに無料登録すると、「適正チェック(コンピテンシー診断)」を受けることができます。回答するために15~20分かかりますが、ここまでしっかりした適性結果を無料で作成してくれるサービスはありません。

 

 

自分の強みを知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

 

とりあえず、適正チェックを無料で受けてみる
(会員登録後に適正チェックを受けることができます)

 

なぜ、現場監督がきつい・辛いと感じるのか?

なぜ、現場監督がきつい・辛いと感じるのか?

朝が早く、夜が遅い

建設現場での作業は明るい日中行われます。 一般的な建設現場では、8時から17時までが職人の作業時間になります。

 

現場監督は、建設現場を管理する仕事のため7時ごろから現場にいる必要があり、加えて、様々な業務があるため遅い時は帰宅時間が日をまたぐことになります。

 

土曜出勤は当たり前・・・忙しいと日曜日もない

建設現場では、週休2日を実現しているところはほとんどありません。土曜日は基本的に稼働しており、工期が迫ってくると日曜日も稼働します。

 

忙しい現場になると現場監督は1か月休みがないといったことがざらに起こります。

 

関係者が多く、板挟みの状況になりやすい

建設現場には、施主、設計監理者、職人、近隣住民など様々な人が関わります。現場監督は、そういった関係者と連絡、調整をする必要があり、 結果的に、片方の要望を聞くともう片方の要望を聞くことができないといった、板挟みの状況に陥りやすくなります。

 

責任が重い、仕事量が多い

建設業は、他の産業に比べて周囲の目にさらされやすい状況にあります。そのため現場監督は、社会的な責任を問われることもあります。

 

また、建物は様々な部品から作られる大きなプラモデルといえ、完成させるためには非常に大量の部品や作業が必要になります。そのためそれを取りまとめる現場監督の作業量は膨大になります。

 

指示どおりに工事が進まない

建物は、機械ではなく人の手によって作られます。また一品生産であることがほとんどなので、作り方が毎回異なります。結果、指示と違うことが行われていたということが往々にして起こります。

 

なぜ、現場監督は激務でブラックな働き方になるのか?

なぜ、現場監督は激務でブラックな働き方になるのか?

職人の数が減っている

現在、産業が多様化し、3k(きつい、きたない、くさい)の代名詞と言われており、建設業に人が集まりづらくなっています。

 

外国人労働者を受け入れるといった対策も行われていますが、建設業の就労人口減少に歯止めはかかっていません。

 

工期が短い

業界内での競争、需要の変化、建物大型化及び複雑化といった要因の影響で、適正な工期に対して実際の工期が短く設定されることが増えています。現場監督としての仕事が工期延長の折衝であるといったケースも見られます。

 

業界の古い慣習が根強い

朝8時からラジオ体操を行う、連絡は電話、打ち合わせは全員で行うなど、大量に人を導入して、マンパワーで解決していた時代には有効だった方法の中には、個々人の作業量が増え、複雑になった現状にはそぐわなくなったものも多くあります。

 

しかしながら、年功序列を重んじる建設業では古いやり方に慣れた人の意見が通りやすくなかなか改善されません。

 

デジタル化、機械化が進んでいない

建設業では、いまだにFAXが一般的に使われています。また紙媒体でのやり取りが主流なためデジタル化が中々進んでいきません。

 

建設現場は、雨風に晒される環境が基本であるため精密機械を導入するのにも困難を有します。

 

やり直しがきかない

建設業の作業は、文章作成やプログラミングといった作業とは異なり、やり直しが聞かず、ほとんどが一発勝負を要求されます。そのため一つ一つの工程に非常に神経を注ぐ必要があります。

 

現場監督に向いている人・向いてない人の特徴

現場監督に向いている人・向いてない人の特徴

現場監督に向いている人

 

様々なタイプの人とコミュニケーションが取れる人
 頑固な職人、インテリの設計者、クレーマー気質の近隣住民など
 様々な性格の人と関われる柔軟にコミュニケーションをとれる。

体力がある人
 朝から夜まで毎日働くことができる。
 また、夏の厳しい暑さ冬の寒さ、雨の冷たさに耐えることができる。

明るい人
 どんなに疲れていても常に笑顔でいれる。
 厳しい現場の雰囲気を明るくすることが出来る。

 

現場監督に向いてない人

 

趣味に没頭したい人
 仕事以外に取り組みたいことが多くある。
 副業など他のことにも挑戦してみたい。

デスクワークが得意な人
 プログラミングや、書類作成などのPC行う作業が得意。
 日中外にでる仕事に抵抗がある。

気が弱い人
 強い言い方をされると委縮してしまう。
 自分の意見を強く主張できない。

 

現場監督で身に付く技術とは?

現場監督で身に付く技術とは?

マネジメント能力

多くの人の意見をすくいながら建物を建てるといった複雑な目的を達成する必要があるため、必然的に人を動かすためのマネジメント能力が養われます。

 

コミュニケーション能力

年齢、経歴、性格が異なる多くの人が集まる建設現場を束ねる存在であるため、それぞれの人に適したふるまい方を身に着けることができます。

 

忍耐力

現場監督は非常に過酷な仕事です。 その環境に耐えて業務を遂行できるようになれば、他の業界でも通用する忍耐力を得ることが出来ます。

 

現場監督がおすすめするストレス解消法とは?

現場監督がおすすめするストレス解消法とは?

普段会わない人に会う

関わる人が多く、性格がさまざまであると言っても、工事期間中は、ある一定のコミュニティの中で仕事をすることになるため、新しい出会いがほとんどありません。

 

女性が少ない業界なので、特に男性は異性との交流を求める人が多い傾向にあります。

 

旅行、観光

毎日、現場と家の往復になってしますことがほとんどなので、たまの休みには違う景色や雰囲気を感じてリフレッシュすることをおすすめします。

 

ゆっくり休む

やはり過酷な仕事ですので、まずはしっかり睡眠をとり、心と身体に休養を与えるのが先決かと思います。

 

現場監督からおすすめする転職先とは?

現場監督からおすすめする転職先とは?

CADオペレーター

建築の技術、経験を活かしながら内勤の仕事をこなすことができます。

 

営業職

現場監督として培ったコミュニケーション能力は、主導権を握りながら相手に気に入られることが求められる、商材の営業といった立場に非常に向いています。

 

建材メーカー

建設現場に納品する立場に回るキャリアです。現場をしっている建材メーカーの担当者は、現場から非常に重宝されます。

 

現場監督で働いている人へ

たしかに現場監督の仕事は成果が形に残る素晴らしい仕事です。しかし、その一方で、過酷な業務が響いて、身体を壊す人、心を病んでしまう人、自殺してしまう人が多いのも事実です。 

 

やりがいのある仕事は魅力的ですが、自分の心身がダメになってしまっては元も子もありません。この記事が今の仕事、働き方を見直す参考になれば幸いです。

 

まずは、適正チェックであなたの強みを調べてみませんか?

 

もし、今の仕事が不満ならミイダスの適正チェック(コンピテンシー診断)で確かめてください。
仕事を辞めたい・・・と思ったときには、まず現状を把握することが大切ですからね。このツールで今のうちに自分の強みを把握しておきましょう!

 

(以下のような診断結果を無料で作成してくれます)

 

ミイダスに無料登録すると、「適正チェック(コンピテンシー診断)」を受けることができます。回答するために15~20分かかりますが、ここまでしっかりした適性結果を無料で作成してくれるサービスはありません。

 

 

自分の強みを知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

 

とりあえず、適正チェックを無料で受けてみる
(会員登録後に適正チェックを受けることができます)

 

おすすめの記事